news archives

2004

[2004.11.28.]
11/23下北沢シェルターで約200人の観客の前で行われたMASONNAワンマンライヴは約2分間のパフォーマンスで終了(アンコールは無し)。尚、当日は入場者全員に記念品として大阪ワンマンとは別デザインのマゾンナ・バッヂが配布された。
山崎マゾ関連2004年度最後のライヴは12/4に大阪難波ROCK RIDERでのイヴェント「DISCO BISCO VOL.6 -DMBQ & Shellshag Japan Tour-」にMASONNAで出演する。
灰野敬二+山崎マゾ・デュオの大阪ライヴが決定。2005年1/15、難波ベアーズにて。
[2004.09.29.]
MASONNAの東京でのワンマン・ライヴが決定!11/23(火・祝)下北沢シェルターにて。(詳細はLIVEページ参照)

[2004.09.22.]
MASONNAとSPACE MACHINEのロサンゼルス公演が10月中旬に行われる。LA郊外の高級住宅地パサデナに新しく開店するクラブのオープニング・イヴェントに招待され、そこでの2回のライヴ出演の他、LA滞在中にFM局でのラジオ・セッションや電子音楽スタジオでのレコーディングが予定されている。
今回のLAツアーに合わせて「SPACE MACHINE/Modular Series」3"CDの2種(model-101, model-102)がLAのP-TAPESよりリリースされる。この"MODULAR SERIES"は、P-TAPESオーナーのDAMION ROMEROがデザインした架空のモジュラーシンセのパネル写真を1モジュールづつジャケットに使用し、今後リリースの続くこのシリーズのジャケを並べると巨大モジュラーシンセが完成するというビジュアル・コンセプトとなっている。サウンド面では現時点で"model-1xx"はライヴ音源を収録したシリーズ、"model-2xx"はスタジオ音源シリーズを発表していく予定である。

SPACE MACHINE/Modular Series, model-101
(Dimension Degenerator) 3"CD

This module contains: MASO YAMAZAKI(synthesizer) & HIROSHI HASEGAWA(synthesizer)
Recorded Live at PENGUIN HOUSE in TOKYO, February 25th 2004

SPACE MACHINE/Modular Series, model-102
(Orbit Vector Generater) 3"CD

This module contains: MASO YAMAZAKI(synthesizer) & MAKOTO KAWABATA (guitar)
Recorded Live BGM session at CAFE FUTURO in OSAKA, April 30th 2003

[2004.09.01.]
2002年におこなった当サイトのスペシャル企画「SPACE MACHINE "The Website Concert Series" Vol.1」の再アップロードを期間限定で開始。計10トラックを週替わりで2トラックずつ本日より5週に渡り更新。specialページをチェック!

[2004.08.01.]
灰野敬二と山崎マゾによる2度目のデュオ・ライヴが10/31武蔵野美術大学芸術祭で行われる。ライヴの詳細は公式HPをチェック http://www.room103.net
CHRISTINE 23 ONNAの約半年ぶりのライヴが決定。この日のライヴはクリスティーヌのギタリスト:フサオが経営する60/70sショップ「フリーク・シーン」の10周年記念イヴェント。11/5大阪梅田NOONにて http://www.freakscene.info
山崎マゾと河端一(アシッド・マザーズ・テンプル、ゴング)そして岡野太(西日本、ex. Subvert Blaze)が、シンセサイザー+ギター+ドラムによる新ユニットAndromelos(アンドロメロス)を結成。現在録音中の1stアルバムは、フィンランドEktro Recordsからのリリースが決定している。

[2004.07.01.]
テイチク・エンタテインメントより、アルケミーレコード・アーティスト33バンドを集めた2枚組コンピレーションCD「ALCHEMISM〜アルケミーレコード20周年記念ツインベストコレクション」が8月25日にリリースされる。このCDにはMASONNA"Ejaculatin Generater"エディット・ヴァージョン、クリスティーヌ 23 onna"Drive to Crystal Planet"が収録され、ブックレットには未発表写真も搭載される予定。

[2004.05.07.]
4/17難波BEARSで、ほぼ満員の観客の前で行われたMASONNAのリアル・ワンマン・ライヴは約6分間のパフォーマンスで終了(アンコール無し)。尚、当日は入場者全員に記念品としてマゾンナ・バッヂが配布された。
VAVA KITORAの企画するイヴェント「Spiritual Communion VOL.1」が6/19高円寺20000Vで開催、SOUTH SATURN DELTA(山崎マゾ+長谷川洋)の2度目のライヴにして初の東京公演が行われる。
スぺ−シーなアナログ電子音のみのイヴェント「七夕電子宇宙音祭」が文字どおり7/7七夕の夜、難波BEARSにて開催決定!山崎マゾと河端一、東洋之(以上ACID MOTHERS TEMPLE)、中屋浩市(NASCA CAR)、長谷川洋(ASTRO、S.S.D.)の宇宙音奏者5名で「SPACE MACHINE AND COSMIC ORCHESTRA」を結成、スーパー・コスミック・セッションを展開する。
山崎マゾとアシッド・フォーク神秘主義集団「GHOST」の馬頭將噐、荻野和夫の3名で新ユニットを結成。7/20に東京・高円寺UFO CLUBでライヴを行う。
昨年に引き続きDIESEL GUITAR主催の電子音楽イヴェント「ライヴ・エレクトロニクス・イン・ニイガタ」が新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ/スタジオA)で8/24に開催、SPACE MACHINEが今年も参加する。共演のDIESEL GUITAR、ASTROとのセッションもあり。

[2004.03.01.]
NOISE MAY-DAY 2004の出演者が決定!今年は1日のみの開催で6組が出演。山崎マゾはスペシャル・デュオ「JOJO広重 with MASONNA」で出演する(その他の出演者はLIVEページ参照)。5/29難波ベア−ズ、PM6:30 開演。

[2004.02.18.]
スコットランド・グラスゴ−の現代芸術センター(通称CCA)で2/12〜14まで開催された電子音楽フェスティバル[SUBCURRENT]に招待されMASONNAとSPACE MACHINEが参加。他に竹村延和 &CHILD'S VIEW BAND、NORBERT MOSLANG&JIM SAUTER(スイス+アメリカ)、DOUBLE LEOPARDS(アメリカ)、KONTAKT DER JUNGLING(ドイツ)が出演、大盛況の3日間となった。MASONNAはフェス2日目のトリをつとめ、SPACE MACHINEはクリスティーヌ 23 onnaの戸田房尾がテルミンで初参加した。
SPACE MACHINE「3」のCD再発盤がアメリカのImportant Recordsより2/24にリリースされる。
MASONNA史上初のワンマン・ライヴが決定!難波BEARS17周年イヴェントのひとつとして4/17(土)に同会場にて行われる。


[2004.01.11.]
2004年の幕開けとなるライヴはCHRISTINE 23 ONNAを大阪、そして1年4 カ月ぶりとなる東京で(LIVEページ参照)。2月中旬にはMASONNA/SPACE MACHINEの スコットランド・グラスゴーでの公演予定有り。2/25には山崎マゾ+長谷川洋デュ オ編成のSPACE MACHINE東京公演も。
ex.CANのダモ鈴木による「ダモズ・ネットワーク」大阪公演に山崎マゾが参加。 参加ミュージシャンが入れ替わり3〜4セット行われるというステージの1セット でLOST UTOPIAをバックにダモがボーカルを取る形での登場となるのか?2/20深 夜、難波マカオにて。http://www.mondrien.com/damo/




back to the top of news